職人の父

父は今月で75歳になります。
でも見た目はマイナス10歳!!!
趣味の魚釣りも名人級で、畳製作にも
随所にこだわりが出る昔気質な職人そのもの。
その昔はなんでも「俺に任せとけ」という固い感じだったらしい。
でも、今は優しくこだわり屋さん。
お客様の前に出ることは少なくなったけど、
まだまだ職人現役バリバリ。
父の手が、こだわりの畳の総仕上げをして
畳に命を吹き込みます。


この記事を書いた人
毛利美保子
毛利美保子
もうり みほこ

毛利畳店 六代目女将

鹿児島生まれ花屋の娘として育ち、高校卒業後京都のバスガイド、歯科受付助手、花屋の店員など様々な仕事を経験し、介護福祉士の資格を取るに至る
そのいろんな仕事の経験を活かしながら、現在では畳屋の営業、障子・網戸職人として畳屋の一員を担う
趣味は一眼レフカメラ Nikon5500を愛用中
将来の夢は、娘との二人で海外旅行・トリマーにもなりたいと密かに願っている