市場

市場って何売ってるの??

私達の暮らす富洲原には戦後から約65年続く四九の市と言う
市場が開催されています。

八百屋さんに魚屋さん、お花屋さんから佃煮屋さん。お茶屋さんから卵屋さん、かつお節屋さんからごま屋さんまで。
昔は道路両サイドに沢山あったお店も
今はだんだんと減ってきて。

そんな時に富洲原のトミスっ子のみなさんが立ち上がる!!
毎月29日だけに出店する29market隊が
参加させてもらうことになるのです。

私もその活動とお名前を知ることになるのは去年の事。
畳屋さんで何売る??
お誘い下さった竹ずしさんは創作イナリやお食事を。
半平屋さんにキッシュ屋さん。皆さん食するものなのに。
畳屋さんでできること??

なんでもすぐ、考え無しにやってみよう!!
と、チャレンジしてしまう嫁。

出店当初は豆畳やピアスなどの雑貨を。
市場のお客様に名前を覚えてもらうためにチラシ片手に。
そうやって参加し始めた29market。
自分なりの今が見えてきました。

季節折々の住に関すること。
我が家では皆さんの暮らしに
畳遊びを入れてもらうご提案しています( ⸝⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝⸝ )

今年初チャレンジのしめ飾り。
たくさんの方に見ていただいて、我が子達連れて帰ってくださりました。

来年も様々なモノ創りにワクワクしながら。。。

一度気になる方は来年の四九の市へ足を運んでみてくださいね。

この記事を書いた人
毛利美保子
毛利美保子
もうり みほこ

毛利畳店 六代目女将

その昔、花屋の娘として育ち、高校卒業後、バスガイドや歯科医院の受付助手など、様々な仕事を経験し、天職と思える介護福祉士の資格を取るに至る。
現在では、経験を活かし、時として営業マン、時として障子や網戸を張る職人として畳屋の一員を担う。
趣味は一眼レフカメラ。息子と娘のスポーツを追うのが好き。
将来の夢は、娘との二人で海外旅行。(旦那さんが飛行機嫌いのため)